忍者ブログ
29 September

本番~都野津地区敬老会~

さて、ためこんでいた本番のご報告をしようと思います。
写真は保護者の方からご提供いただきました。

この日は都野津地区敬老会、表彰式、グループホームひのき様敬老会といろいろありましたので、一つずつ更新していこうと思います。
まずは都野津地区敬老会。
盛大ですね!



この日演じましたのは『八幡』と『大蛇』
どちらも神を演じたのはニューキャストです。
しかも、敬老会でこの二演目というのは珍しいですよね。
先方より、「鬼舞がみたい!」というご希望があったそうですよ。
石見地方ならでは^^




そんな鬼舞。
『八幡』の神、八幡麻呂(応神天皇)を初めて演じたのは小学5年生のHくん。
写真を見る限り、目でも演じていますね。
次は本番を見たい~



そして『大蛇』退治をするスサノオを演じたのは6年生のSくん。
彼は小2から神を舞ってきた、いわば神プロフェッショナルですが、前回ご紹介した通り、太刀舞や割と大きいお面を付けて舞うのは嘉久志では初めて。
櫛稲田姫や爺・婆を守る背中がかっこいいですね。


おじいさん、おばあさんというにはまだまだ元気そうな後ろ姿です。
人生の先輩方がこれからも健やかにご活躍されますように!

拍手[1回]

PR