忍者ブログ
27 March

本番~椿まつり~

3月26日(土)
快晴の中、島の星山 椿の里にて開催された椿まつりで上演してまいりました。
3年目の出演ですが、本当に気持ちのいい天気で椿もちょうど見ごろの品種が多く、多くのお客様がご来場いただいていたようです。



この日は〇〇デビューの子が多く、この日に向けて練習を重ねてきました。
今日はそんな〇〇デビューした子たちの写真をお送りしていきます。

まずは、笛のMちゃん。
「笛は1年生になるまでしなーい」
と言っていた幼稚園の頃が懐かしいですが、
ようやく笛の練習を始めたのが2年生の終わり(笑)

今日は初めて本番に一人で笛を吹きました。
演目も塩祓いに加え、恵比須も!
恵比須は鬼笛もあるので先生とマンツーマンで猛特訓をしました。
本番で2演目をしっかり吹き切りましたので、今後はさらに力強い笛を吹けるようになってほしいと思います!


そして新2年生になるYくん。
この日が舞デビュー!塩祓いデビューの日でした。
本番前はすごく笑顔でしたが、本番になるととても真剣なまなざし…!
舞手が止まって歌が入るところ、しっかり前を見てキョロキョロすることもなく。多少道がとんだ部分もありましたが、かっこよく舞い上げました!
今後も舞に囃子に期待しています!


そして新5年生になるHくん。
初大太鼓デビューでした。
歌もしっかり唄って、太鼓も軽快にたたき、練習した成果が出ていました!
太鼓をたたくことで舞も合わせやすくなるし、そうすることで太鼓もさらに舞に合わせて叩きやすくなるのかな?
高学年に入りますし、たくさんのことを身に着けていってほしいです!




そして最後に恵比須デビューした新4年生のSくん!
本番は、アドリブ王子で、靴を吊り上げたり、はける最後の最後で投げキッスをしたり(誰に学んだんでしょう、でも虎視眈々と様子を狙っていた感じがありました)
彼も本当にここ数カ月で口上回しも、型のとり方も、成長していて今後がとても楽しみです。


中学生たちも囃子や天神で大活躍。
やっぱり脇を締めてくれる子たちがいるありがたみをしみじみと感じます。。。
今回は、3月末という時期的なこともあり、大きな世代交代の時期を感じた公演になりました。

上の子たちも経験年数にあぐらをかくことなく、手伝いに来てくれたり 下の子たちを教えていて、そうして公演を重ねるごとに更に上手になってきています。

そして今回の公演では〇〇デビューをしていない子たちも新たな挑戦すべく、練習している最中です。

今後とも嘉久志神楽子ども会をよろしくお願いいたします。

拍手[2回]

PR